先週よりカラーミーショップ大賞2016のアワードを開始しました。

ただいまエントリー期間ですが、応募数も順調で、今年は過去最大に盛り上がりそうな予感です。
(すでにエントリーいただいたショップの皆さま、ありがとうございます)

2014年よりスタートしたネットショップアワード「カラーミーショップ大賞」ですが、おかげさまで3回目を開催することができました。今回私はプロデューサーとしてこのアワードを盛り上げるべく、プロジェクトメンバーと一緒に日々企画を進めています。

このカラーミーショップ大賞について、少しお話したいと思います。

award_main

■カラーミーショップ大賞とは

カラーミーショップ利用ユーザー6万店以上の中から年間No.1を決めるコンテストです。
今年は賞の数も増え、大賞ほか、SOU・SOU・ことりっぷ編集部が選ぶ「にっぽん文化奨励賞」や、よむよむカラメル編集部が選ぶ「ジャンル賞」など、計37ショップを表彰します。

過去の大賞受賞ショップ
2014年:北欧、暮らしの道具店(東京)
2015年:SOU・SOU(京都)


↓過去の様子
awa001awa002


■私たちがアワードをやる理由

11周年のエントリーでも触れていますが、現在カラーミーショップでは最高のショッピングカートサービスを提供するべく、様々な取り組みをおこなっています。
 
購入者が買いやすいカートを提供する新カゴプロジェクトや、ネットショップの広報活動を担うECメディアよむよむカラメルの運営、この2年半取り組んできたセミナーや店長交流会などのリアルイベントなど、ユーザーファーストの姿勢でサービス運営をしています。

また、私たちがやっているのはインターネットを通じたサービスですが、提供側も”ヒト"であれば、使っていただいてるのも”ヒト"です。このアワードを通じて、全国の多くのユーザーさんと新たにつながって、ネットショップ運営の可能性を広げたい、そんな機会にしたいと思っています。
そして少しでもユーザーの皆さんとの距離を縮めて、さらに良いサービス利用環境を提供して、ショップのPRや売上に繋がる支援を継続的にしていけたらと考えています。

awa003awa004

■受賞ショップの発表と授賞式について

今年は規模も大きく拡大して、5月に弊社GMOペパボの本社オフィスがある、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで開催します。

ここは日々、カラーミーショップのサービス開発や、お問い合わせいただくカスタマーサポートをしている拠点でもあります。そこに受賞者の皆さんをお招きするというのも、ひとつ意義があるのかなと考えています。

授賞式ではこれまでのショップ運営の功績を讃え、皆でお祝いできるステージをご用意いたします。そして受賞ショップ同士はもちろん、私たちスタッフも皆さんと繋がれる、新たな機会になればと思っています。

ワクワクドキドキしてもらえる授賞式にしたいと思いますので、どうぞお楽しみにしてください。

awa005

このあと、一次審査を経てノミネートショップが発表され、お客さま(ファン)による一般投票期間も予定しています。
また情報については、随時ブログでも書いていきます。

カラーミーショップスタッフ一同、このアワードも全力で盛り上げて参りますので、どうぞご期待ください!

エントリーは【3月1日】まで受付していますので、ぜひ皆さまからのご応募をお待ちしています。
 


・カラーミーショップ大賞2016 特設サイト
https://award.shop-pro.jp/2016

・プレスリリース
https://pepabo.com/news/press/201602151300

・お知らせ記事(カラーミーショップ)
http://shop-pro.jp/news/award2016_entry/

今週、ペパボではインターンシップを開催しました。
ディレクター・デザイナー志望の学生さん15名にご参加いただき、2日間に渡りお仕事体験をしていただきました。

intern01

内容は、4名チームに分かれ+2名ずつのメンターがついて、6名のチームで出された課題テーマの企画をゼロベースで立案。最後は社長・役員の前でプレゼンして評価をもらうという、緊張感たっぷりのもの。

課題は「ECメディア よむよむカラメル のPR施策を企画する」がテーマだったので、僕もメンターとして参加しました。

intern02

地方から参加してくれた方も多く、「ペパボのインターンに参加したくて、ずっと情報待ってました」とか「minneが大好きでいつも使ってます」と、自己紹介ではうれしい参加動機を教えてくれました。

インターンシップは限られた時間ですが、直接話せるとても貴重な機会です。
チームメンバーには、課題のポイントはもちろんですが、ペパボのこと、GMOインターネットグループのことも少しでもたくさん知ってもらいたいと思い、時間のある限り積極的に伝えました。

課題以外にも、社食のGMO Yoursで一緒にランチしたり、スタッフとコミュニケーションしたり、執務エリアを見学してもらったり、懇親会では行きつけの庄やで飲んだりwと、できるだけ社員と同じ目線で、普段の会社生活を体験してもらえるようにしました。

この2日間で、ペパボでの働き方をありのまま見てもらえたんじゃないかなと思います。

intern09intern04intern03intern05

プレゼンは惜しくも優勝は逃したものの、短時間の中でサービスのことを理解する努力をして、サービス成長のためにどうしたら良いか?を、初対面のメンバー同士で真剣に考え、議論して、発表までやりきってくれたことが、何よりも嬉しかったです。

悔しそうでしたが、やり切って達成感があったようで笑顔に溢れていて良かった。

intern07intern08intern10

僕もこの2日間、メンバーのみんなと一緒に考えることで多くの学びがありました。
近い将来、一緒に働けると最高ですし、そうでなくても今回の出会いやインターンシップが、今後の人生の何か役に立てば嬉しいです。

JA01

昨日は都内にて、全国のJAグループ向け「インターネット活用セミナー」にて講演をしてきました。
朝早くから50名以上の方にご参加いただきとても感謝です。持ち時間の90分しっかりとお話させていただきました。

みなさん農協や直売所の広報担当者さんということで、まず冒頭でGMOペパボが展開するホスティング・コミュニティなどの事業ドメインについてお話させていただいた後、なんと、カラーミーショップをご存知の方はゼロ(!)ということで、サービスについてご説明させていただきました。

今回私からは、地域から日本全国への商圏拡大ネットショップで広がる可能性について特にお伝えしたかったので、わりと広めのテーマで以下のような内容をお話させていただきました(一部抜粋)
 
  • なぜ今ネットショップをやるべきなのか
  • EC市場は20兆円規模に(EC化率)
  • 実店舗との違いについて
  • ネット販売をする手段
  • レンタルカート3つの特徴
  • モール比較・メリットとデメリット
  • 店名とコンセプトが大事
  • 商品の魅力は写真で伝える
  • 消費者はスマホで買う時代
  • ロゴマークで信頼と安心をアピール
  • 運営に必要な体制・スタッフ人員
  • 開店までに必要な準備と心構え

JA02

以前よりカラーミーショップでは多くのJAさんにご利用いただいていており、地域の特産品を工夫を凝らしてネット販売されています。ショップ事例をご覧いただくのが一番わかりやすいので、ポイントを交えて多くご紹介できました。

一例:
JAやまがたオンラインショップ

JAふくおか八女農産物直売所

JAみちのく足立 こらんしょ市場


あわせて、地産物を使ったオリジナル商品を上手に全国発信されている例としていくつかご紹介。ファンの作り方はみなさんそれぞれ。多様なんですね。

HAPPY NUTS DAYさん(千葉)

みしまサイダーさん(青森)


JA03

熱心にメモを取ってくださったり、講演のあとも個別にお声掛けいただいたりと、今後のネット販売の展望やお悩みなどもたくさんお聞きできて良かったです。
今後、各地の方とご一緒にネットショップ展開ができると嬉しいです。

このような機会をいただいた日本農業新聞社のみなさま、ありがとうございました。


来週2/16(火)開催される、日本農業新聞主催「2016 インターネット活用セミナー」にて登壇させていただきます。

講演・出演情報


国内唯一の農業専門誌である日本農業新聞社では、全国のJAグループ向けのWEB活用支援に取り組んでおり、セミナーイベントを定期的に開催されています。

今回は「広報におけるインターネットの活用と、直売所・ネットショップの売り上げUP」をテーマに、SNS活用法やライティング知識など2日間で多くのセミナーが開催されるとのこと。

私からは、今後ネット販売をお考えの方へ、「地域から日本全国へ商圏拡大!ネットショップで広げる可能性とやり方」と題して、ネットショップの活用法と販路拡大についてお話したいと思います。

全国各地のJA支社・直売所さんでは、気候に恵まれた食品、商品を数多く展開されています。地域の良いモノ(特産品)・ヒト(生産者)を上手くPRし、商圏を全国に広げるためにも、独自のネットショップ運営はとても有効な手段です。

カラーミーショップでは、すでに多くのJAさまにご利用いただいていますので、ショップ事例を交えてお話したいと思います。
一般の方はご参加いただけないセミナーですが、関係者のみなさま、お会いできるのを楽しみにしています。

 
■イベント概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本農業新聞主催「2016インターネット活用セミナー」
日時:2016年2月15日(月)・16日(火)
会場:チサンホテル浜松町 ふじの間
対象:JAグループのHP・ネットショップ・直売所の担当者、運営責任者、他
詳細:http://www.another-staff.ne.jp/seminar2016.html
※JAグループ関係者を対象としたセミナーです。一般の方はご参加いただけません。

■登壇情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▽登壇者
佐山 祐太
GMOペパボ株式会社
EC事業部 カラーミーショップグループ

▽登壇日時
2016年2月16日(火) 10:30〜11:50

▽セミナータイトル
地域から日本全国へ商圏拡大!ネットショップで広げる可能性とやり方

■主催
 ̄ ̄ ̄
株式会社日本農業新聞

京都01

一昨日、昨日と、京都・神戸にてセミナー登壇してきました。

なんと2日間で120名以上の方にご来場いただき、とてもうれしかったです。ご参加いただいた皆さんありがとうございました!

なにより意欲の高い方が多く、話していて楽しかったです(関西熱い!)

今回のテーマは「越境EC入門編」ということで、難しい話は抜きにして、英語版ネットショップ作成サービスJugemCartを提供する、我々プラットフォーマーの立場からお話しさせていただきました。

サマリーはざっくりとこんな感じ。


プラットフォーマーが考えるリスクゼロからはじめる越境EC(GMOペパボ)
  • 海外で売るためのマーケットプレイス
  • 海外向けカートサービス/比較
  • JugemCartでできる、6つのこと
  • 事例紹介
  • 海外販売をはじめる前に必要なこと
  • どこの国からの購入が多い?
  • 今、海外で売れている商品を知ろう
  • まずはテストマーケティングしてみよう


とにかく今はたくさんの選択肢があるので、自分に合ったツールやマーケットを選んで、まずはトライしてみましょう!というお話をさせていただきました。

京都02

JugemCart自体、費用面だけでいうと初期費用/月額費ゼロで、売れた時に手数料を10%いただくビジネスモデルになっており、出店リスクがありません。
しかし、敷居が低くなりサイト構築がしやすくなった反面、そのあとの運営面はまだまだハードルがあります。


会場では質問もたくさんいただきました
  • 英語ができないけど翻訳はどうしたら良い?
  • 集客(サイト認知)が不安・・・
  • 決済はどういうものを選べば良いか


質疑応答の時間を使って、時間のある限りお答えさせていただきました。
この辺りは次のステップになるので、実際に運営していく上でのテクニックやHow to的な、少し踏み込んだセミナーも、今後展開していきたいと考えています。

京都03

今回は、中小機構アドバイザー森戸先生によるマーケティングのお話、コネクト代表星野さんによる伝統工芸品のEC展開についてのお話もあり、全体のバランスもよく我々も役割に特化できたので、良いシナジーが生まれたかなと思います。


越境ECについては、マーケットを拡大する!という使命感をもって、スピードをあげて取り組んでいきたいと思います。


■JugemCart

http://ja.jugemcart.com/
 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Twitter

BOOK

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM